自己破産のデメリット※5分でわかる借金解決方法

自己破産のデメリット※5分でわかる借金解決方法

自己破産について

自己破産の費用
自己破産したら何がどう変わる?
自己破産の条件(出来る場合・出来ない場合)
自己破産後の生活について
ギャンブルでの借金は自己破産できる?

 

自己破産の前に!

借金問題を解決する方法は、自己破産だけではありません

ベストな方法は人それぞれ異なります。
借入れ件数や借入金額を入力して、シミュレーションしてみましょう。

⇒今すぐシミュレーションする

自己破産とは?

多数の消費者金融業者から借り入れを行った場合など、借金の金額が多額になったときには法律的な手段を用いることで解決することができます。
借金問題を法律的に解決する方法として債務整理というものがあり、債務整理の中には任意整理や自己破産などいくつかの種類にわかれています。

 

借金の金額が多額になったために支払いん期限が到来しても、持っている財産が足りないために継続的に返済を行っていくことが不可能になったとき、その状況について裁判所に認めてもらうことで、法律の上で支払い義務を免責してもらう制度のことを自己破産と言います。

 

自己破産を行うことで、原則的に全ての借金を返済する義務から解放されることができるので、手続きを行ってからは借金を支払わなくて良くなり、収入の全てを自己の日常生活を送っていくために使うことができるようになります。

 

自己破産が認められるためには

自己破産の手続きが認められるためには、借金の支払いが不能であることと、過去の7年間において免責を受けたことがないことが条件になります。
自己破産をするための手続きを弁護士などの法律の専門家に依頼することで、消費者金融業者などから催促の連絡が来なくなる効果があります。

 

自分のためにだけにお金を使うことができますので、精神面においても解決できて安心して生活を送れるようになります。
デメリットとしましては、資格制限の処分を受けるために一部の職業に就けないことがあります。
また、新たにローンを組んだり、クレジットカードを作ることについての制限を受けます。

自己破産について無料相談するなら

 

自己破産のデメリットについて

自己破産というのはとてもデメリットの多いものだと考えている人も多いことでしょうが、これは人によって大きく差があるものでありデメリットが大きな人もいれば、小さな人もいるのです。

 

まず、自己破産をすることのデメリットとしてはその時所有している財産を処分しなければならなくなってしまうため、思い入れのあるものがあった場合でも、それを手放さなければならなくなってしまいます。そのため、愛着のある車などを所有している場合、当然車を手放さなければならなくなってしまいます。

 

次に、自己破産をした場合には一定期間クレジットカードの作成や、ローンを組むということが難しくなるので大きな買い物をすることや、便利な決済手段を手にすることができなくなってしまうという問題があります。
そして、職業制限があるというのも大きな問題であり、弁護士や税理士、警備員などいくつかの職業が免責許可がおりるまでこのような職業につくことを制限されてしまうので、これらの仕事をしている人は仕事をやめざるを得ず仕事を探すところから再起をしなければいけなくなってしまうので、かなり苦しい状況になってしまいます。

 

このように自己破産にはいくつかのデメリットが有るのですが、逆にこれらのこととあまり関係がないという人の場合には、デメリットとなるものが殆ど無いということになるので、借金の返済に苦しんだ時には自己破産という選択肢も考慮に入れておくとよいでしょう。

 

知っておきたい自己破産後のデメリット

借金が重なって返済が滞り、日常的な生活までもが苦しくなってしまったという場合に、法的な債務整理の一環として自己破産をすることも珍しいことではありません。自己破産後の生活については、一般的にはデメリットが多いとも指摘されていますが、そのデメリットの内容とは果たしてどのようなものであるのかを正しく認識して、必要以上に恐れることなく手続きを進めるとが大切となります。

 

自己破産後の生活のデメリットの最大のものとしては、以後キャッシュカードを作ったり住宅ローンを組んだりすることができないという点があります。こうした融資を扱っている金融機関などでは、信用情報機関と呼ばれる組織から顧客の個人情報を取得しており、これをもとにして信用審査などを行っています。自己破産後には信用情報のなかにその事実が載ることになりますので、たしかに新規で融資を受けたりすることはかなり困難となります。この情報が消去されるのは最低でも5年以上とみられますが、その間に融資を受ける必然性がなければ、生活上の支障はないということになります。

 

また、他のデメリットとして掲げられるものに、特定の種類の職業に就けなくなるということがあります。弁護士や公認会計士、司法書士、税理士などのいわゆる士業、警備員、生命保険の外交員などの職種については、自己破産して復権を得ない間は就くことはできません。しかしながら、裁判所の免責許可決定が下りてしまえばこうした制限はなくなりますので、手続きがはじまってから半年から1年程度の間だけの辛抱となります。

 

自己破産が認められない時の対処法とは

借金が帳消しになる自己破産は毎月借金の返済で苦しんでいる人には一見楽な方法に見えます。

 

しかし誰でも申請できるわけではありません。
借金の理由がギャンブルや浪費だと自己破産の免責は認められないという話もあります。

 

もし自己破産の免責が認められなかったときは個人再生に切り替えるという方法があります。
個人再生なら借金の理由がギャンブルや浪費であっても申請することが出来ます。

 

また個人再生の場合はうまくいけば自己破産と違い住宅や車などの財産を継続して所持することが出来る場合があるなどのメリットがあります。
自己破産と違い借金はチャラになりませんが大幅に減額されるので真面目に働いて収入を得ていれば返済することが可能です。

 

ただ大幅に減額されたとはいえ借金を返済する必要があるので収入がない無職は個人再生を申請することが出来ません。
個人再生のデメリットとして大きいのがブラックリストには名前が載ってしまうので今後一切のローンを組むことが出来ない点です。
ブラックリストには最大登録期間があるので一生名前が残ってしまうわけではないのですが、それでも名前が消えるまで7~10年ほどかかります。
また官報にも名前と住所が載ってしまうので調べれば個人再生をしたことが第三者にばれてしまいます。

自己破産について無料相談するなら

債務整理の費用相場はどれくらい?

自己破産:40万前後

個人再生:30万前後

任意整理:10万円前後

債務整理に掛かる費用は、借入状況によっても大きく変わります。 自分ならいくらになるか知りたい方は、無料診断ツールでチェック!
無料シミュレーターで何ができるの?
  1. 匿名無料で利用OK
  2. 借金がいくら減額できるか診断
  3. 改善方法を即日アドバイス
↓匿名無料の診断ツールを試してみる↓

⇒無料シミュレーターを試してみる!

弁護士事務所を選ぶポイント

知識・経験・実績
費用+支払い方法の明確化
事前に聞くべき事
初期費用・総合費用・支払い方法
無料相談が出来る
  • 具体的な解決策
  • どういった手順で進めていくか?

無料相談できる弁護士事務所|電話・メールで24時間365日OK

以上の条件に満たしていて、評判の事務所がこちら!
【弁護士法人Salute法律事務所】

弁護士法人Salute法律事務所

  • 相談無料
  • 24時間365日、土日祝も受付
  • 全国対応
現在の状態:つながりやすい
無料相談はこちらのボタンからできます↓
弁護士法人Salute法律事務所の無料相談窓口に電話相談してみる 弁護士法人Salute法律事務所の無料相談窓口にメール相談してみる


>>その他の弁護士事務所はこちら

借金にも時効がある!?

最後の返済から5年以上が経過しているなら、時効により支払い義務が消滅している可能性があります。 ※貸主などの内容によっては最後に返済してから10年以上経たないと消滅しないケースもあります。

思い当たる方は、まず一度無料相談を利用してみましょう!

↓無料WEB相談・お問い合わせフォームはこちら↓
司法書士事務所エストリーガルオフィス
⇒私の借金はもう時効かも…?時効援用を無料相談してみる
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産のデメリット※5分でわかる借金解決方法記事一覧

自己破産手続きをするには自己破産の手続きをすれば、借金が帳消しになる――このような認識をしている人も珍しくないでしょうが、厳密には間違っています。「破産」は、財産を換価処分し(=お金に換え)て、債権者に分配することをいいます。ここには、「返済義務から免れる」という意味は含まれていません。また、自己破産を選択する人には、ほとんど財産が残されていないのが事実であり、債権者への返済はできません。したがっ...

自己破産に失敗ってあるの?借金に借金を重ねて、明らかに返済が不可能なまでに借入額が膨れ上がってしまったとき、その問題を解決する最終手段として「自己破産」が用意されています。破産宣告をして裁判所から「免責」の許可を受けると、返済義務から免れることができます。借金問題で途方に暮れる人が多い今、救済を目的としたこの制度が債務者に有意義であるのは、言うまでもありません。しかし、無条件に自己破産から免責まで...

最近だと自己破産を考えている人に対して、各弁護士事務所や司法書士事務所が活発に無料相談会を開くようになりました。ケースによって異なるものの、特定の事務所だけが行っているものや、複数の事務所が合同で無料相談に応じると言ったようなものもあり、自己破産を考えている人にとってはまさに自己破産手続きの第一歩となってくれます。この無料相談のメリットとしてはやはり、気軽に利用できることとお金がかからないことです...

借金返済に頭を抱えている方は多くいると思います。返済に行き詰まってしまい自己破産を考えている方も多いのではないのでしょうか。中にはギャンブルや買い物等の浪費が重なり借金が増えた方もいるでしょう。その場合は自己破産をする事は出来ません。免責不許可に当たる場合は、自身で返済できない事をわかった上で故意に借金をした場合や、年収等で返せるはずなのに自己破産を考えている場合です。しっかりと弁護士等と話し合っ...

家族に内緒でこっそりと借金を重ねてしまう主婦は意外と少なくありません。例えば、収入のない専業主婦でも現在は夫に収入があればキャッシングやクレジットカードを利用することが出来ます。もちろん無理なく返済できる金額の範囲内での利用であれば家族に知られないままでいることも可能ですが、キャッシングやクレジットカードは利用を続けることで限度額が上がっていくものです。そのため、気づかない間に借金が膨れ上がってし...

借金が多額になってしまったときには、自己破産をすることで解決したいと考える人もいるでしょう。自己破産は地方裁判所に申し立てをすることで、借金の支払い能力が無いことを認めてもらうことで支払い義務を帳消しにする手続きになります。自己破産によって免責許可を受けるためには、様々な条件を満たしておく必要があります。自己破産が成立するためには、裁判所によって借金の返済が不能な状態であることが認められなければな...

一般的に自己破産をした者はこれまでの借金を全て返さなくても済むようになるという恩恵を受ける反面、クレジットカード等を新規で発行してもらうことが出来なくなるというデメリットをも受けることになります。そしてクレジットカード等の新規発行を依頼することが出来なくなるということに関して非常に不便に思って憤っている自己破産者というのは沢山いるものですが、実は憤っている場合ではないのです。そもそも本来ならば全額...

自己破産とは、簡単に言うと借金がなくなるので、借金がある人が利用する法的手段です。借金が多かったり、返しても減らなかったり、借金が多すぎて生活が苦しくなったりしたときに利用します。ですが、借金の金額次第では、利用できない場合があります。例えば、50万円のみの借金があっても、支払いはできるので、自己破産はできません。ギャンブルで作った借金も自己破産はできないですが、弁護士などに相談してみると良いです...

自己破産というのは、申請すれば全て認められるわけではありません。申請内容を裁判所で精査して、それが認められなければならないのです。これを「免責許可」と言います。仲には免責許可がおりないという場合もあります。例えば、ギャンブルやホストクラブで作った借金というのがそうです。また、生年月日や職業などを偽って借りた借金などは、それがばれるとそれは免責とはなりません。また、返せる当てがないのに、あまりに多額...

自己破産は行った人にとってメリットもデメリットも大きい手続きであるため、インターネットなどでは常にさまざまなことが言われるようになっています。その中で時折見受けられるのが「自己破産をすると賃貸物件が契約できなくなる」ということです。若い人だとマイホームを持っている人の方が珍しいわけですし、そもそもマイホームがあったとしても自己破産を行えば没収されることになってしまいます。ですからもし本当に賃貸物件...

借金のことで悩んでいて、自己破産をしようかと考えている人も多いのではないでしょうか。しかし、そのような時に問題となるのが自己破産の手続きにはどのようなものが必要なのか、また自己破産をすることによってどのようなデメリットがあるのかということが良くわからないということですよね。多くの人にとって自己破産というのは一生のうちに縁のある人はほとんどいないわけですから、実際にその立場になったときに何をどうすれ...

自分の力では返済しきれない大きな金額の借金を抱えてしまったときや、何らかの事情から収入が大きく減少してしまうなどの理由から当初のもくろみ通りに借金の返済を続けていくことができなくなってしまうケースがあります。このような状況に追い込まれてしまった場合、可能な限り速やかに何らかの手段を講じる必要があります。もしも、借金の返済をしないままの状態をそのままにしてしまった場合、財産の差し押さえなどの措置を取...

借金問題で夜もよく眠れずに悩んでいる方が多いですが、人に知られたくないという方がほとんどです。借金問題を解決してくれるのは、弁護士や司法書士ですが、直接事務所に足を運ぶのに抵抗を感じている方が多いです。ほとんどの法律事務所では、自己破産の無料電話相談を行っているので、安心して悩みを打ち明けることができます。メール相談に比べると、質問をするとすぐに返答をしてくれますし、自己破産のメリットだけでなく、...

自己破産は自分で行うこともできますが、揃える書類や記入する書類も多く、初めて自己破産手続きをするなら弁護士に依頼する方が確実です。弁護士費用は高額なイメージがありますが、それは事務所次第です。着手金が無料というところもありますので、お金に困っているときはそういった事務所で相談してみましょう。自己破産や債務整理をメインに活動している弁護士はたくさんいます。無料メール相談などを行っているところもありま...

自己破産の進め方ですが、まず借金の整理を弁護士に依頼します。その後、弁護士から貸金業者に対して受任通知が発送されます。この後は、債権者との交渉窓口は弁護士に絞られるので、債務者に対しての督促は無くなります。自己破産とは債務者が借金により経済的に破綻し、債務者がいかなる経済的活動をしても返済不能と裁判所が認め、面積不許可事由の無い場合に、借金の支払い義務を免除する法律制度です。弁護士の受任後、債務者...

自己破産の手続きを行う場合、裁判所に申し立てを行う必要があります。この手続については、弁護士や司法書士に依頼する方法と、申立人が行なうという方法があります。申立人個人で行なうメリットとしては、費用を抑えることが出来るということがあります。しかし、一方でデメリットもあります。デメリットとしては、手続きに必要となる書類作成や手続きをスムーズに進めるのが困難であるということがあります。場合によっては、自...

大口の融資を受ける際は保証人を入れるのが原則として当たり前になっています。保証人とは、融資の契約者本人である債務者が返済できなくなった時に代理で返済を行う人のことです。こうすることで金融会社は債務が回収できなくなるというリスクを減らすことができ、また、債務者は融資を受けやすくなるという特徴があります。さて、保証人には、通常の保証人と連帯保証人が存在します。このうち債務者と同等の責任を押さわせるのが...

複数の借金がある場合、出来れば一部だけ自己破産をしたいと思う事もあるでしょう。例えば、高額で金利の高い物は破産して、低金利でそれ程返済が大変そうじゃない物はそのまま残しておきたいと思う事もあるかもしれません。また、金融機関から借りている分はその対象にして、友人知人からの借り入れ分は返さないと迷惑がかかるし除外したいと思う事もあるでしょう。では、自己破産というのは自分で選んで一部だけを対象とする事が...

自己破産などの債務整理を回避するには、借金を自力で完済するしかありません。理想的なのは一括完済であり、弁護士に相談したときに親族から借金できないか聞かれることがあります。多くの弁護士は利益を追及し自己破産を勧めてきますが、相談者の利益を第一に考えてくれる方もいるのです。親から借りた借金には利息はつきませんし、返済を待ってもらうなどの融通性もあります。ただ、借りられる状況であれば、すでに借りている方...

自己破産するといつまで借り入れができなくなるのか不安で、なかなか破産手続に踏み出せない人は多いと思います。日々の督促電話や訪問しての取立てに怯え、生活費の捻出もままならない状況だと、一刻も早く自己破産をして、人生を再スタートさせたいと考えるのが普通です。借りたお金は返す、当たり前のことですが、様々な事情が抱え、やむを得ず破産を迎えてしまいます。自己破産をするといつまで借り入れができなくなるかですが...

自己破産をするとそれまで利用していたクレジットカードはすべて解約される上、一定の期間ブラックリストに載るので新しいクレジットカードも作れなくなります。etcカードもクレジットカードの一種ですから、当然使えなくなります。ブラックリストに載る期間は5年もしくは10年間です。CICとJICCでは5年、全国銀行信用情報センターでは10年ですが、クレジットカードを発行している信販会社・クレジット会社では全国...

社会人ともなるとさまざまな出費が増え、手元にあるお金だけでは必要な分だけのお金を捻出することができないという場面にしばしば遭遇します。しかし、現在では消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンなどのような個人向けに少額の融資を行ってくれるサービスが充実しているため、これらのサービスを利用すれば比較的簡単に必要な分だけのお金を工面することができるようになっています。しかし、このようなサービスでお金...

どうしても借金の清算ができない場合の最終的な方法として自己破産をすることが考えられます。自己破産したら全ての財産を奪われてしまうと理解する人は多いです。もちろん、全ての債務の返済から免除されるわけですから、それなりの悪影響があるということを理解しなければなりません。自己破産したらまずは、ご自身の不動産や貯蓄などの差し押さえがされることになります。また、当然のことながら自己破産したら一定期間は借金す...

自己破産は債務整理の方法の中でも最も効果が大きいものである分、申し立てをした債務者が背負うべき責任も重いものになっています。特に財産没収が高確率で行われることは確認しておかなくてはなりませんし、そのほかの手段によってはより自分にとって好ましい結果が導かれる可能性があることも確認しなくてはなりません。さて、ではそうしたなかで「自己破産がおすすめ出来る人」としてはどういった条件があるのでしょうか。ここ...

多額の借金を抱えている時に選択する一つの手段として自己破産があります。自己破産は、金融会社から受けた融資、個人から受けた融資に関わらずすべての債務を免除してもらうことができる方法です。ただし、債務免除の代りに、一部の財産が処分されてしまうというネックもあります。よって、一概におすすめできる手段ではありませんので、後悔しないために正しい選び方を理解しておきましょう。自己破産をした方がいいと思われる債...

自己破産は自分が持つ借金を全て帳消しにしてもらうための手段であり、裁判所に対して申し立てをすることで制度の利用をすることになります。これが成功すれば現段階での借金が全て無くなるわけですから、それこそ自力では再起不能な状況に陥ってしまっている人にこそメリットが大きいものとなってくれることでしょう。ただここで少々勘違いしないようにしたいのが「自己破産をしても過払い金が返ってくるわけでは無い」ということ...

「自己破産をすると借金をゼロにできる。でもそんなおいしい話があるわけがない。とてつもなく大きなデメリットが待っているのでは?」と思っている人は多いと思います。「借りたお金は返す」のが常識ですので、その常識を破って借金をゼロにするなんてことをしたら、どんなデメリットが待っているのか不安に思うのは一般人としてあたりまえです。でも、自己破産は借金に困ってどうしようもなくなった人が人生を再スタートするため...

債務整理の中で、自己破産は最も有名です。「借金の返済に困ったら法律の力を借りてすべての借金をゼロにする方法がある」といった話は聞いたことがあると思います。しかし、借金の返済に困ったらすぐに自己破産を考えるのは間違いです。債務整理には、任意整理、特定調停、個人再生といった手段もあります。返済困難になってしまう可能性があったら、できるだけ早くに弁護士に相談をして、任意整理で解決してしまうことが理想です...

自己破産の情報は通常だと非常にプライバシーなもの、誰にでも教えて良いものとはなりません。もちろん法律上認められている債務整理の方法であることは疑いようのない事実ではあるのですが、制度を利用したということはその人の財政事情が非常にひっ迫しているということを伝える事実となってしまいます。そのためこの情報は基本的に個人信用情報を閲覧することが出来る金融機関と本人、そして本人が自分から自己破産のことを伝え...

キャッシングを利用したものの、返しきれなくなって自己破産をするということは、誰もが避けたいことですが残念ながら金融業界では珍しいことではありません。無計画に返しきれないほどのお金を借りてしまったというケースいもありますが、中には返済途中に仕事をクビになってしまったり、やむを得ない事情で大きなお金が必要になって返済に回すお金がなくなったという人もいます。それぞれの事情で、多くの人が自己破産をしていま...

自己破産手続きをした後は、携帯やスマートフォンの機種変更ができなくなります。信用情報に自己破産のことが記録されますので、分割払いでの機種変更はできません。割賦での機種変更は信用実績が無ければ組めなくなっています。では、自己破産をした後の機種変更はどのようにすればいいのでしょうか。方法は簡単で、一括現金払いにすることです。機種変更代の数万~十数万円を用意できるなら、それで機種変が可能です。携帯やスマ...

借金をして問題になるのが、その返済が出来ないことや返済することで普段の生活に支障が出てくることです。一般的にサラリーマンなら、借金の借入が300万円を超えるとその返済は困難になるとされています。借入金が、300万円なら返済ができそうに思いますが、この借入には元金だけでなくそれに年利18%の利息が加算されます。仮に300万円の場合なら、単純に計算しても年54万円の利息になり、これに延滞料金も別に加算...

奨学金を返済できなくなれば、もう自己破産しかないと思い込んでしまう人もいるようです。多額の借金を背負ってしまった場合には、そうするしかない場合もあります。しかし、ほかの手段多額の借入をしたことが原因でもあると言うことは頭に入れておいて、より有利な方法で債務を整理できるように工夫することも必要です。結論を言えば、自己破産以外の方法で奨学金をなんとかすることもできます。その方法の一つが任意整理です。任...

自己破産は、借金問題の解決方法の一つで、現時点である借金を全て免除してもらう事が出来る制度となっています。ただこの手続き自体は裁判所に行って破産申立書を提出する必要があります。そしてその後免責許可を貰う事が出来た結果、全ての借金を免除してもらう事が出来る様になるのです。また、現時点で何らかの財産が有る場合、例えば土地や家屋、自家用車などがある場合はそれを処分する必要があります。自己破産は家族にも影...

自己破産に追い込まれる人は、何らかの理由で借金をして、その高い利息に悩まされ、払えないので、新しい金融機関からまた借金をして、その繰り返しから膨大な借金に膨れ上がり、にっちもさっちもいかなくなって、仕方なく自己破産するというパターンになりがちです。借金の最初は、様々な理由、たとえば麻雀の掛け金が払えずとか、パチンコで損が続きついついいわゆるサラ金に借りたとか、少し手の込んだ落とし穴としては、商品販...

平成25年の自己破産の件数は約8万件にものぼります。この8万件を1年間で割った場合、1日に219件もの人が破産していることがわかります。すごい件数です。昨今の不況の影響で、生活苦・低所得に追い込まれ、ギリギリの生活に追い込まれたのに、以前からあった負債が重くのしかかる。仕事もきつくなる一方、収入は下がる上に、借金取りから執拗に電話督促や訪問による取立てに合う。そんな毎日を過ごしているうちに、心も体...

お金を借りて返済できない時は、色々と悩むことが多いものです。他からお金を借りて返済するという方法もありますが、この場合は多重債務になってしまい、一層返済に困ることになってしまいます。一番いいのは、おまとめローンや返済方法の変更などですが、それでも返済できない時は、債務整理がお勧めです。債務整理の中で特に自己破産は、収入が少なくて完済がとてもできない場合にお勧めです。どうしても債務整理、特に自己破産...

自己破産をした時には過払い金が戻ってくる場合があります、ですが、自分が破産しても過払い金が戻ってくるかは、利息の計算方法が分からないと算出はできないものです。利息の計算方法を知ることで、自己破産時の過払い金の返還額がある程度見込めるようになります。年利18%以上で5年以上の返済を続けていた方には、すでに利息を払いすぎていて、過払い金が発生している可能性があります。たとえば、29%といグレーゾーン金...

自己破産と個人再生は返済が困難になった借金の解決を図るためのものであり、適正な金利で借りていた場合でも借金を減額できます。どちらの方法を利用する場合でも、対象とする債務を選ぶことはできません。全ての債務が対象になるため、担保付きのものがあれば担保を失い、連帯保証人付きのものがあれば減額した分を保証人が弁済することになってしまうので注意が必要です。個人再生は原則として3年、特段の事情が認められれば5...

自己破産をすることに抵抗があり、後悔してしまうのではないかと思って借金に思い悩んでいる人も多いのではないでしょうか。しかし、自己破産というのは世間一般のイメージと比較して、特に大きなデメリットも無く人生をやり直すことが出来る制度になっているのです。そこで、後悔の無い自己破産をするためには自己破産をすることでどのような不利益があるのかを事前に知っておけば、後悔せずに自己破産をすることが出来ます。まず...

現代では自分のお金を全て手元に現金で持っているというケースはかなり少なく、殆どの人はどこかしらの銀行に口座を持ってそこにお金を預けるようにしています。これは万が一に備えての貯蓄という意味もありますし、また手元にお金があると使ってしまうというような人にとってはそうしたことがないようにするための自衛策となっていることでしょう。ですが自己破産をする際には基本的に口座から可能な限りの現金を引き出して、手元...

自己破産の手続きは2種類あり、同時廃止と破産管財と呼ばれます。自己破産の対象者に財産があるかで手続きの方法が変わります。同時廃止は財産がほとんどない状態で、免責手続きのみを行います。ほとんどの場合で財産を持たないので、この種類が一般的となっており、手続きの期間が短くて裁判所に支払う予納金も少ないです。一方で、破産対象者に債権者に対して配分できる財産を一定以上あると判断されると破産管財の手続きを行い...

専業主婦の方でも、とても自分だけでは払いきれない借金を抱えてしまい、家族に知られずに自己破産を考えている方もいらっしゃると思います。そのような場合には、自己破産する際に必要になる家族の給料明細などを知られずに揃えることが出来れば可能です。自己破産をすればすべての借金は0円になりますが、99万円以上の現金、20万円以上の預貯金などの高額な財産は失います。住まいを購入している場合は夫名義のものでも共有...

法律問題の解決や法的な手続きの代行を頼む際には弁護士や司法書士といった専門家が候補に挙がってくることになります。自己破産においても費用面で言えば司法書士の方が安くなりやすいため、「より安く済む方が良い」ということで司法書士を選ぶ人は少なくありません。しかしこれら二つの専門家は全く違うものであり、自己破産の際にも少々違いが出てくるのだということは事前に理解しておく必要があるのです。もちろん「破産手続...

お金が急に必要な時、即日融資のキャッシングはとてもありがたいものです。最近は窓口だけでなく、PCや携帯からでも申し込みができるようになっていますので、仕事が忙しい、あるいは家をなかなか空けることができない人でも、すぐに申し込むことができます。また即日キャッシングですので、午前中に申し込むと午後には借り入れができますし、ネットでの申し込みの場合は、口座に振り込んでもらうことができてとても便利です。し...

複数の消費者金融会社からの借金により多重債務の状態に陥ってしまった状況、または失業や転職などにより収入が減ってしまった状況においては債務整理の手続きをとる必要があります。もはや返済が不可能であるという場合には借金を免除してもらう法的手続きである自己破産を選択することになります。申し立て手続きは住所地を管轄する地方裁判所で行いますが、自己破産申し立て時には注意点がいくつかあります。まず、基本的に債務...

自己破産は止むを得ずに借り入れた借金の返済に苦慮してしまい、生活を維持することが出来なくなった人に対して用意された最後の救済策です。この方法はその他の債務整理とは異なり「一切の返済義務を解かれる」ということになっていますから債務問題解決の効果が非常に高いため、「いよいよ月々の支払いすら滞るようになった」というようであれば検討しなくてはならないことになってくるのです。さて、しかしながらここで問題にな...

陳述書とは民事訴訟の場においては尋問の内容を明らかにするために作成する書類ということになります。ですがこの書類が必要とされるのは何もそうした訴訟の場だけではなく、自己破産という手続きの中においても必要とされるのです。ではこの陳述書はどのようなことを書けば良いのかというと、基本的には「どうして自己破産をすることになったのか」ということです。非常にプライベートな内容になりますが、この書類を適当に作って...

貸金業者から借り入れをしていて、返済できないトラブルに巻き込まれたときには、弁護士に相談することで解決が可能になります。借金のトラブルが発生したときには、利息分の支払いが増えてしまうことが考えられますので、素早く債務整理の相談ができる弁護士を見つけることが大切です。債務整理とは法的な手続きによって借金の整理を行うものとなりますが、返済能力があると判断されるときには任意整理や個人再生の方法を選択する...

借金の返済が滞ると開始される取り立て。時間が経てば経つほど厳しく、回数も多くなっていきます。一般の消費者金融や銀行は、闇金やソフト闇金と違って、怒鳴ったり、脅迫まがいのことは口にしません。しかし、差し押さえの通知など、法的な手段をとることをほのめかしますので、精神的なストレスがかかります。激しい取り立てが来ても、返せるお金がない。返済のために資金調達できるアテもない場合は、自己破産手続きという方法...

借金の返済が困難になった場合の解決策として、債務整理を行うことが挙げられます。債務整理の手続きを行えば、債務を減額出来たり、全ての債務を免除したりすることが可能です。手続き方法としては、任意整理・個人再生・自己破産と言った3つの手続き方法がありますので、返済負担の大きさや収入状況を考慮して最適な手続きを選択することが必要です。債務整理の中でも最終手段と言われている方法が自己破産です。裁判官や破産管...

生活費が収入だけでは足りないなど、人それぞれによってお金の悩みを持っているものだと思います。どうしても必要な資金が手元にないときには、消費者金融のカードローンなどを使って借金をしてしまう人も多いと言われています。金融業者から融資を受けるときには、金利についてしっかりと把握しておかなければ、返済していくことが難しくなることが考えられます。借金が膨らんでしまって返済が不能になってしまったときには、法律...

自己破産も任意整理もどちらも債務整理の方法であることは同様です。どちらも債務整理を紹介するサイトや書籍では間違いなく紹介されるものになっていますが、内容については全く違うものとなっていますから事前の確認が必要です。ではそれぞれの方法は具体的にどう違うのか、まずは自己破産について見ていきましょう。自己破産の特徴を挙げていくとして出てくるのは「手続きが認められた場合には債務全てが免除される」、「裁判所...

日本全国に貸金業者から借り入れをした結果として、返済ができない状態に陥ってしまった人は多数いると言われています。借金を返済できなくなると、どうしたら良いのかわからなくなってしまう人が多いと考えられますが、法律的な手続きを用いることによって解決できることを知っておくことが大切です。日本では多重債務などの問題に対して債務整理という手続きを行えますので、どうしたら解決できるのかわからなくなったときには、...

借金をする時は自分の返済能力の範囲内で借りるというのが基本です。また無理のない返済計画を立てる事で、スムーズに完済する事が出来る様になります。しかし人によっては借りすぎてしまう事も珍しくありません。特に注意したいのが自分がいくら借りているかという事を把握していない時です。借金が何円あるのか、さらに月々いくらずつ返済しているかという事を把握できているかどうかという事は、借金返済を行う上でとても重要な...

自己破産に年齢制限はありません。そう言っても、高校生が破産するかと言うと、そもそも、18歳未満に金を貸す貸金業者は存在しないので、18歳以上の学生や社会人が対象となるかと思います。現実的には、20歳以上60歳未満の年齢の方の自己破産が多いのが実情です。仕事や家庭の事情でお金の掛かる年代ですので増加しているかと思います。昨今のクレジットカードの普及、消費者金融の積極的なプロモーションにより、お金を借...

多重債務の状態に陥ったり、あるいは収入が減ってしまったことにより返済を続けていくことが難しくなった場合には債務整理の手続きを行う必要があります。債務整理のうち、完全に借金返済の目途が立たない状況となってしまった場合には借金の免除を求める法的手続きである自己破産の申し立てを住所地を管轄する地方裁判所に対して行うことになります。自己破産申し立て時には申立書の作成及び提出とともに、数種類の必要書類の提出...

債務の返済が厳しい、そんな時に取る救済制度が債務整理です。将来的な利息を免除できる任意整理と特定調停、債務を5分の1もしくは100万円まで圧縮できる個人再生、全ての債務を免除できる自己破産の4つからなります。どの方法がおすすめかは債務者の条件によるので一概ではありません。それぞれにメリットとデメリットがあるので、整理方法を比較して自分に適した手段を選ぶことが大切です。一例ですが、債務額がそれほどで...

借金の額が大きく、自分の力ではどうにも返済できなくなってしまうという話はよく聞きますね。返済できるつもりで借りていても、仕事を失ったり給料が大幅に減ったりして、生活が立ち行かなくなってしまうのは本人の計画性のなさのせいだとは言い切れないものがあります。そんな時に救済してもらえる制度として債務整理があります。債務整理にもいろいろ種類があり、自己破産もこの債務整理手続きの一つとなります。大まかにいうと...

違法な高利によって債務者をむさぼる闇金は決して許される存在ではありません。一部では「お金に困っている人にお金を貸してあげているんだから良いところもある」と言われていますが、そんなことは無いのです。ほとんどの業者はもうどうしようもなくなるまで債務者のことを食い物にするつもりでいるわけですから、こうした違法業者を赦すことも、認めることもしてはいけません。現実として他のどこからもお金を借りていないのに「...

借金が返せなくなった場合の最終手段が自己破産ですが、今後の生活や周囲に与える影響が気になる人も多いです。自分と一緒に暮らしている家族はそれほど影響を受けることはありません。自己破産は申告した本人だけに適用されるので、子供が進学や就職で不利になることはありません。しかし住宅や自動車の名義人であれば、財産として処分されるので生活のレベルを落とさなければならないというリスクがあります。官報に名前が載りま...

自己破産をすると現在抱えている債務を返済しなくて済むようになりますから、返済しきれないほどの借金を抱えてしまっている人こそ利用するべき債務整理方法であると言えます。ですがしかし、この方法にはいくつかのデメリットがあることも確かです。例えば今後一定期間借金が出来なくなるということは大きなデメリットになり得ますし、また一部の資格についても停止されるということも確認しておかなくてはなりません。ですがそれ...

多額の借金を返済出来なくなった場合には、自己破産をするという選択肢があります。裁判所を通じて手続きを行い、裁判所に認可されれば全ての債務が免除されることになります。他の債務整理と比べても削減効果が大きいですので、その分デメリットも大きくなってしまいます。そのため自己破産は最終手段と言えます。では学生でも自己破産をすることは可能なのでしょうか。法律上は学生でも自己破産をすることは可能となっております...

借金が増える理由として多いものに、消費者金融から融資を受けることがあります。消費者金融では、借り入れたお金に対して金利を付けて返済しなければなりませんので、予想以上に返済金額が膨れ上がることが考えられます。以前までであれば、法定金利を超えた金利によって融資が行われていましたので、払い過ぎた利息分があるときには任意整理の手続きを行うことで、借金額を減額できる可能性があります。利息制限法で定められてい...

現代の社会では様々な法律や制度、条例によって消費者の権利が守られるようになっています。そうした状況があるからこそ消費者は安心して生活をすることが可能なのであり、また何かの失敗をしてしまっても生きていくことが出来るようになっているのです。さて、そうした中で特に「債務問題」を解決するための手段として知られているのが「自己破産」です。では自己破産とはどういったものなのでしょうか。自己破産とはどういったも...

自己破産をする際には住宅や土地といった高額財産は没収されて債権者への返済に充てられることになります。このことは比較的よく知られている部分ですし、また自己破産を考えている人ならばまず最初に確認する部分であるため特に間違いということはありません。ですがここで少々注意したい存在となるのが生命保険などの保険についてです。保険は万が一の事態が発生した時に備えるためのものという性質が非常に強いのですが、しかし...

自己破産は、自身の財産を放棄することで債務のすべてが免除される方法です。債務整理という手段の一つであり、返済が厳しい多額の借金を抱えた時の最終手段になります。債務を返済しなくてよくなるというメリットが大きい自己破産ですが、もちろんデメリットもあります。それは、数年間は新たな借入ができないという規制を受けるリスクです。この間はローンを組むこと、クレジットカードを作ることができません。結婚をして家を建...

自己破産をするということはその人にとって非常に重要な決断となります。債務問題がいよいよ深刻化して返済できなくなったということを再確認しなくてはなりませんし、破産者となってしまったのであれば今後しばらくの間、あらゆる借金が出来なくなってしまうからです。このことは非常にプライベートなことであるため、誰にも知られずに、ばれないように手続きをしたいという人がほとんどです。もちろんこの「自己破産のことはばれ...

ギャンブルや浪費による借金は、自己破産できないと思っていませんか?実際に、ギャンブルや浪費で大きな借金を作った場合には免責不許可事由となっていて、免責が下りないケースはあります。しかし、免責不許可事由にあたる場合でも、それが悪質でない限りは、裁判官の裁量によって免責が下りるケースも多いのです。そもそも、浪費という言葉の定義はなんでしょうか?「必要のない無駄な支出のこと」、「必要以上の贅沢」、「自分...

訳あって借金の返済が難しくなってしまったために、自己破産の道を選んでしまったという人は多いでしょう。世の中にはいろいろなことがあります。突然大変なことが起こることもあり、仕方なく自己破産を選ぶしかなかったという人もいるでしょう。収入自体があまり多いわけではないという人が多いでしょうし、これからの生活がとても大変なことになってしまうという人も多いでしょう。借金の返済問題はクリアできますが、収入を簡単...

子供が小さくて目を離せない、働きに出ることが難しい、借金が膨らんでしまっているが身内には頼れない、そんなシングルマザーの方は自己破産を検討してみましょう。母子家庭では破産手続きを行えないという決まりはありません。自己破産する理由は重要です。生活に不必要な高級品を買った、パチンコやスロットなどのギャンブルが原因だと、免責が下りない可能性が高いです。浪費やギャンブルが原因でも、裁判官によっては考慮して...

自己破産とは消費者が消費者金融会社からクレジットカードを使い借りた現金、クレジットカードを使い買い物をした残金全額を免除する国が認めた債務整理の方法である。消費者の中には消費者金融会社から借りた現金はどんなことをしても全額返済しないといけない、自己破産すると選挙権がなくなると誤解されている方がいます。しかし自己破産は国が認めた手続きであり、選挙権を失うこともありません。また自己破産をすることで親バ...

自己破産のために弁護士に相談した体験談です。私自身の借金が原因で返済をする事ができなくて、自己破産をしました。趣味にお金をかけるだけかけてしまって、返済をする見通しができなくなってきて弁護士に相談しました。借金が大きくなった時にネットで弁護士を探しているときに色々な体験談を目にしました。自分では対応をする事ができない事もあると思ったので、思い切って相談をしました。初めての相談でとても緊張をしました...

借金が払えなくなった場合には、まず借り入れた金融機関に行って、返済方法について相談してみるようにしましょう。返済額を少し減らしてもらうだけでも、かなりスムーズに返済できるようになることがあるものです。しかしそれでも返済できない場合には、債務整理をすることをお勧めします。債務整理には任意整理や自己破産など、何通りかの方法があります。そこそこの収入があり、売却できる車や財産などがある場合は、債務を一定...