債務整理とは?-債務整理前に知っておきたいデメリットまとめ-

債務整理とは?-債務整理前に知っておきたいデメリットまとめ-

債務整理とは?-債務整理前に知っておきたいデメリットまとめ-

債務整理に失敗するケースもあります!
最悪な事態を招かないために、正しい判断が必要になります。

どうしたらいいの?

まずは正しい知識をつける事が1番大事!
弁護士に相談してみましょう。債務整理は、早めの行動が良い結果につながります

 

無料で相談に乗ってくれる事務所があります。
無料相談なら、損はしないのでとりあえず行動しましょう!
安心の経験・実績を持つ弁護士事務所です。

>>無料相談が出来る弁護士事務所一覧

 

債務整理に失敗する場合とはどのようなケース?

 

債務整理を行なう事により、必ずしも借金問題が解決するという事はありません。
ポピュラーな債務整理と言えば、自己破産、任意整理、過払金返還請求、個人再生、特定調停などです。

 

個人再生などは条件が厳しい為、選択しても行なえないというケースも少なくありません。

 

リスクの小さい借金問題解決方法と言えば、任意整理です。
リスクを少しでも小さくしようと考え、任意整理を選択する方は非常に多いのです。

 

任意整理では、借金の支払を免除してくれと言うような事をいっても相手にしてはくれませんし
交渉がうまくいったとしても、過去数年間の利息相当分の免除や将来的な利息のカットが良いとこです。

 

任意整理の交渉を終え、借金問題が解決した・・・と安心感を持つ方がほとんどですが
任意整理では、借金の返済義務は残ったままです。

 

利息をカットしてもらう事で、借金問題を解決する事が出来るのであれば
その債務整理は成功と言えますが、利息をカットしてもらったくらいでは、生活が苦しいままと言う場合
再度、債務整理をしなくてはなりませんから、選択ミスとなり、行なった債務整理は失敗と言えます。

債務整理の種類について※債務整理の賢い選び方

 

借金問題を解決する方法として債務整理があります。
債務整理にもいろいろな手続きがあって、任意整理、個人再生、自己破産などそれぞれ特徴があります。

 

任意整理

任意整理では債権者と任意で交渉します。
裁判所は通さないうえに、官報にも記載されないので、周りにも家族にも知られることなく債務整理を行うことが可能です。
交渉によって将来利息のカット、減額された借金を原則3年から5年での分割払いが認められるようになります。

任意整理について詳しくみる

 

個人再生

個人再生では裁判所を通して大幅な借金減額を認めてもらいます。
原則5分の1程度までに減額されて、その借金を3年から5年で分割払いを行い、支払いが完了すれば借金は0になります。
500万円の借金があるとすると、100万円まで減額され、それを3年で分割払いすれば良いので大変楽になります。
自己破産と違ってマイホームを差し押さえられることもありません。

 

任意整理より債務の圧縮効果が高いので、任意整理では返済できないときに最適な手続きです。

個人再生について詳しくみる

 

自己破産

自己破産では裁判所に破産申立書を提出して免責が認められると、借金の総額すべてが0になります。
その代わりにマイホームや99万円以上の現金や20万円以上の預貯金などの財産は差押えになってしまいます。

自己破産について詳しくみる

 

 

借入総額や収入の有無、財産の有無など状況によって最適な手続きを選ぶことが必要になりますので弁護士や司法書士にご相談ください。

 

 

債務整理のメリット※債務整理の賢い選び方

 

債務整理のメリットには債務整理により借金や債務額が減ってくるどころか、返済すべき借金が残ってなくて、逆に払い過ぎが判明してしまうようなこともあるのですが、これが最近よく聞くようになった過払いの状況です。

 

そして債務整理をしなければ過払いを発見して回収することができないのです。そして過去にサラ金からの借金やクレジット会社からのキャッシングを完済したことのあるような方には、必ず過払いになっていますが、このときは過払い金返済請求をしてみることによって取り戻せるようになっています。

 

そして債務整理のメリットには、債務整理をすればその後の返済は全て借金の元本に充てられるといったことがありますが、債務整理前の状態と比べてみればわかりやすいですが、債務整理前は返済したお金の大部分が利息の支払いに充てられてなかなか借金が減らなかったことがります。

 

ですが、債務整理後は無利息の借金を返済していくのと一緒で、毎月返済をしたお金と同じ分だけ借金が減ってくるといったことがあるのです。これは当然ですが、返済型の債務整理を選んだ時です。非返済型の債務整理を選んだら、そもそも借金の返済をしなくてもいいのです。しっかり返しましょう。

 

 

債務整理のデメリット※債務整理の賢い選び方

 

まず債務整理の種類として、毎回の支払いを軽減してもらう任意整理、任意整理を裁判所を通して行う民事調停、そして支払いをなくしてもらう自己破産があります。

 

それぞれに共通するデメリットとして、信用情報機関に事故情報として登録されると言う事です。事故情報と言うのはいわゆるブラックリストと言うやつで、事故情報が登録されてしまうと、当分の間はローンを組む事が非常に難しくなります。期間としてはだいたい5年から7年と言われていますが金融機関や登録されている信用情報機関によってまちまちです。

 

自己破産となるとそれにつけ加えて、破産情報が信用情報機関と官報に掲載されます。あとは資格の制限と言うものがあり、破産者が就けない仕事と言うものが出てきます。破産者となった場合はその間の引っ越しや長期の旅行なども出来なくなると言う制限も受けます。

 

しかし破産者と言う扱いになってる場合に限られた事であって、破産者ではなくなるとそうした制限からも解放されます。それはどうしたら良いかと言うと、破産決定後に、裁判所へ免責の申請を行います。

 

申請から免責決定まで概ね3ヶ月から半年かかると言われていますが免責決定した場合は破産者になった事で出来た制限からも解放され、晴れて自由の身となります。

債務整理の費用相場はどれくらい?

自己破産:40万前後

個人再生:30万前後

任意整理:10万円前後

債務整理に掛かる費用は、借入状況によっても大きく変わります。 自分ならいくらになるか知りたい方は、無料診断ツールでチェック!
無料シミュレーターで何ができるの?
  1. 匿名無料で利用OK
  2. 借金がいくら減額できるか診断
  3. 改善方法を即日アドバイス
↓匿名無料の診断ツールを試してみる↓

⇒無料シミュレーターを試してみる!

弁護士事務所を選ぶポイント

知識・経験・実績
費用+支払い方法の明確化
事前に聞くべき事
初期費用・総合費用・支払い方法
無料相談が出来る
  • 具体的な解決策
  • どういった手順で進めていくか?

無料相談できる弁護士事務所|電話・メールで24時間365日OK

以上の条件に満たしていて、評判の事務所がこちら!
【弁護士法人Salute法律事務所】

弁護士法人Salute法律事務所

  • 相談無料
  • 24時間365日、土日祝も受付
  • 全国対応
現在の状態:つながりやすい
無料相談はこちらのボタンからできます↓
弁護士法人Salute法律事務所の無料相談窓口に電話相談してみる 弁護士法人Salute法律事務所の無料相談窓口にメール相談してみる


>>その他の弁護士事務所はこちら

借金にも時効がある!?

最後の返済から5年以上が経過しているなら、時効により支払い義務が消滅している可能性があります。 ※貸主などの内容によっては最後に返済してから10年以上経たないと消滅しないケースもあります。

思い当たる方は、まず一度無料相談を利用してみましょう!

↓無料WEB相談・お問い合わせフォームはこちら↓
司法書士事務所エストリーガルオフィス
⇒私の借金はもう時効かも…?時効援用を無料相談してみる
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理とは?-債務整理前に知っておきたいデメリットまとめ-記事一覧

自己破産手続きは必ず裁判所が関わってきますので、一見法律の専門知識が求められると思いがちですが、実は難しい事ではありません。もし財産に該当する物が殆どなく、連帯保証人を立てていなければ、自力で手続きするほうが弁護士に依頼するより遥かに経済的です。自分で自己破産を申請する際に提出書類として必要になるのが、〔陳述書〕や〔債権者一覧〕、〔破産・免責手続き申立書〕などで、全て書類を1つも欠く事なく揃えなけ...