個人再生とは?-個人再生前に知っておきたいデメリットまとめ-

個人再生とは?-個人再生前に知っておきたいデメリットまとめ-

個人再生とは?-個人再生前に知っておきたいデメリットまとめ-

個人再生とは?

個人再生とは裁判所に再生計画を提出して借金の減額を認めてもらう手続きのことを言います。
借金の総額に応じて最低弁済額が変わり、500万円以上1500万円未満の場合なら最低弁済額は借金額の5分の1までに圧縮されます。
再生計画に基づいて減額された借金を原則3年で分割支払いを行います。
この支払いが終わればすべての借金が無くなります。特別な事情がある場合は5年までの長期分割弁済も可能です。
自己破産のようにマイホームを失うことなく住み続けながら借金の返済が行えます。
浪費やギャンブルで作った借金でも利用できますし、パートやアルバイトでも安定した収入があれば利用できます。
その反面、ブラックリストに載ってしまい何年間かは新規の借り入れやクレジットカードの作成ができなくなります。
官報にも記載されてしまいます。返済を続けられる安定した収入がないと利用できません。
自己破産・個人再生を選ばれると保証人には返済義務があるために請求が保証人に行ってしまい迷惑がかかります。
個人再生で大幅に減額されてもまだ返済できない、安定した収入がない、
そんな支払い能力がないときの最後の手段として自己破産を選ばれると良いでしょう。
弁護士事務所や司法書士事務所で債務に関するご相談を承っています。お近くの事務所へ行ってみて下さい。

債務整理の費用相場はどれくらい?

自己破産:40万前後

個人再生:30万前後

任意整理:10万円前後

債務整理に掛かる費用は、借入状況によっても大きく変わります。 自分ならいくらになるか知りたい方は、無料診断ツールでチェック!
無料シミュレーターで何ができるの?
  1. 匿名無料で利用OK
  2. 借金がいくら減額できるか診断
  3. 改善方法を即日アドバイス
↓匿名無料の診断ツールを試してみる↓

⇒無料シミュレーターを試してみる!

弁護士事務所を選ぶポイント

知識・経験・実績
費用+支払い方法の明確化
事前に聞くべき事
初期費用・総合費用・支払い方法
無料相談が出来る
  • 具体的な解決策
  • どういった手順で進めていくか?

無料相談できる弁護士事務所|電話・メールで24時間365日OK

以上の条件に満たしていて、評判の事務所がこちら!
【弁護士法人Salute法律事務所】

弁護士法人Salute法律事務所

  • 相談無料
  • 24時間365日、土日祝も受付
  • 全国対応
現在の状態:つながりやすい
無料相談はこちらのボタンからできます↓
弁護士法人Salute法律事務所の無料相談窓口に電話相談してみる 弁護士法人Salute法律事務所の無料相談窓口にメール相談してみる


>>その他の弁護士事務所はこちら

借金にも時効がある!?

最後の返済から5年以上が経過しているなら、時効により支払い義務が消滅している可能性があります。 ※貸主などの内容によっては最後に返済してから10年以上経たないと消滅しないケースもあります。

思い当たる方は、まず一度無料相談を利用してみましょう!

↓無料WEB相談・お問い合わせフォームはこちら↓
司法書士事務所エストリーガルオフィス
⇒私の借金はもう時効かも…?時効援用を無料相談してみる
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

個人再生とは?-個人再生前に知っておきたいデメリットまとめ-記事一覧

債務整理には色々な方法がありますが、2001年にスタートした新しい制度に個人再生法があります。この個人再生法は自己破産とは違い、全ての借金がゼロになる事はありません。しかし任意整理のように、利子のカット・月々の支払額が少なくなるというだけでなく、借金自体を減額できる制度となっているのが特徴です。個人再生法の場合、借金は原則として5分の1にカットされます。例えば、500万円の借金があり3年間で200...

我が家を守る債務整理方法があります!債務整理は、自己破産だけではありません!我が家を守りたいなら個人再生という手段が良いです。しかし、個人再生をするにはいくつか条件があります。個人再生手続きの条件個人債務者である収入継続的に一定の収入があること借金総額住宅ローンを除いた借金の総額が5000万以下であることこれらの条件がそろったときに利用することが可能です。

任意整理のメリットは裁判所に申し立てて行っていくような手続きではなくて、あくまで任意の和解交渉であるといったことでとても柔軟な整理方法が選べるのです。そして銀行ローンや自動車ローンはそのまま支払い続けて利息が高いようなサラ金関係のみを整理して行くといったこともできます。そして借金ができた原因がギャンブルや浪費だったり、和解内容の履行が出来れば、とくに問題はならないのです。そしてたとえ無職であっても...

借金の整理方法を考える場合、何をどうしたいのかと言う事を明確にしておく必要があります。債務整理の方法によっては、所有する財産(マイホームなど)が処分の対象とならないものもあります。債務整理というと、自己破産を思い浮かべる方が多く自己破産をする事により持ち家やその他財産を処分させられるというイメージが強いので、債務整理の条件=強制的な財産の処分と言うネガティブイメージをお持ちの方が非常に多いのです。...

個人再生では計画案(再生計画案)が裁判所に認可されれば、大幅に債務が減額されて、その減額された債務を3年から5年で分割支払いが出来るようになります。自己破産と違ってマイホームを手放すことなく、債務の減額効果が大きいのが特徴です。ギャンブルや浪費といった借金原因でも個人再生することができます。しかし住宅ローンの返済については減額されることはなく、ローン残高や毎月の返済額は今まで通りとなります。個人再...

債務整理には色々な種類がありますが、2001年に制度がスタートした比較的新しい債務整理に、個人再生というものがあります。個人再生は自己破産のように、全ての借金をゼロにする事はできませんが、元本を大幅に減らす事ができる為、借金の返済が楽になるのが特徴です。また、持ち家を手放さなくても借金を整理できるので、自己破産はしたくないけれど借金の問題を抱えている方に、お勧めの債務整理となっています。持ち家を所...

個人再生は大幅に債務総額を減らしてもらえる手続きです。裁判所に再生計画を提出して認可されると、再生計画案のもとに債務が減額され、原則3年で分割払いを行います。特別の事情があるときは5年まで延長が可能です。分割払いが終了すれば債務総額は0となります。返済額は債務総額によって変わります。債務総額が100万円未満なら債務全額、100万円以上500万円未満なら100万円、500万円以上1500万円未満なら...

個人再生手続きは裁判所と債権者の了承のもとに、元々あった債務総額を最大10分の1までに減額措置してもらい、3年間の分割弁済で債務整理します。そして、どの位まで減額した借金を具体的に何回に分けて弁済していくのかという詳しい返済計画を再生計画案と称します。個人再生は、如何に再生者が債権者にとっても納得がいく再生計画案を練って、裁判所に正式に認可してもらえるかが鍵になります。再生計画は、担当の個人再生委...

個人再生は、借金返済が不能になる恐れがある時に、債権者の半数以上の合意を得たもと、再生者本人が提出した計画案に沿って債務弁済を図る制度です。個人再生手続きを開始するには、住宅ローンを除いた借金額が5000万円以下で、安定収入がある事が前提でなければいけません。債務者は、原則3年以内に裁判手続きで可決された再生計画案通りに減額済の借金を返済します。特に多額の住宅ローンを組んだが、元本がなかなか減らず...