自己破産と個人再生にはどのような特徴があるか

自己破産と個人再生にはどのような特徴があるか

自己破産と個人再生にはどのような特徴があるか

自己破産と個人再生は返済が困難になった借金の解決を図るためのものであり、適正な金利で借りていた場合でも借金を減額できます。どちらの方法を利用する場合でも、対象とする債務を選ぶことはできません。全ての債務が対象になるため、担保付きのものがあれば担保を失い、連帯保証人付きのものがあれば減額した分を保証人が弁済することになってしまうので注意が必要です。
個人再生は原則として3年、特段の事情が認められれば5年の期間で減額した借金を返済します。返済計画を立て、それが実行できるか証明する試験期間があり、ここで計画通りにお金を積み立てることができないと個人再生に失敗します。減額できる金額は借金の総額によって異なりますが、最大で10分の1まで減額できます。ただし、利用できるのは住宅ローンを除く借金の総額が5000万円までという制限があります。
自己破産は借金の返済ができない場合に利用するものであり、税金や賠償債務など、一部の例外を除いた全ての債務の返済義務がなくなります。自己破産は99万円以下の現金と時価20万円以下の財産しか残せないため、担保にしていなくても持ち家であれば家が競売にかけられ、債権者に分配されます。また、手続きを行っても免責が認められないと返済義務は残ります。返済義務がなくなっても、借金そのものは残っています。自己破産前に特定の債権者だけに返済を行うと公平性を欠くため、免責不許可になることがありますが、免責後の任意の返済は可能です。そのため、何らかの理由で借金をなくしたい場合は免責されてから返済を行います。

債務整理の費用相場はどれくらい?

自己破産:40万前後

個人再生:30万前後

任意整理:10万円前後

債務整理に掛かる費用は、借入状況によっても大きく変わります。 自分ならいくらになるか知りたい方は、無料診断ツールでチェック!
無料シミュレーターで何ができるの?
  1. 匿名無料で利用OK
  2. 借金がいくら減額できるか診断
  3. 改善方法を即日アドバイス
↓匿名無料の診断ツールを試してみる↓

⇒無料シミュレーターを試してみる!

弁護士事務所を選ぶポイント

知識・経験・実績
費用+支払い方法の明確化
事前に聞くべき事
初期費用・総合費用・支払い方法
無料相談が出来る
  • 具体的な解決策
  • どういった手順で進めていくか?

無料相談できる弁護士事務所|電話・メールで24時間365日OK

以上の条件に満たしていて、評判の事務所がこちら!
【弁護士法人Salute法律事務所】

弁護士法人Salute法律事務所

  • 相談無料
  • 24時間365日、土日祝も受付
  • 全国対応
現在の状態:つながりやすい
無料相談はこちらのボタンからできます↓
弁護士法人Salute法律事務所の無料相談窓口に電話相談してみる 弁護士法人Salute法律事務所の無料相談窓口にメール相談してみる


>>その他の弁護士事務所はこちら

借金にも時効がある!?

最後の返済から5年以上が経過しているなら、時効により支払い義務が消滅している可能性があります。 ※貸主などの内容によっては最後に返済してから10年以上経たないと消滅しないケースもあります。

思い当たる方は、まず一度無料相談を利用してみましょう!

↓無料WEB相談・お問い合わせフォームはこちら↓
司法書士事務所エストリーガルオフィス
⇒私の借金はもう時効かも…?時効援用を無料相談してみる
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法