自己破産すると住宅ローンはどうなる?-自己破産ガイド-

自己破産すると住宅ローンはどうなる?-自己破産ガイド-

自己破産したら住宅ローンはどうなる?※5分でわかる借金解決方法

一度自己破産をした人が住宅を購入する際、住宅ローンの審査は通るのでしょうか。
住宅購入を考えている人はとても気になるポイントですよね。

借金を減額できる可能性があります!

法律事務所が運営するシミュレーションを使って、借金がいくら減額できるか診断してみましょう。
無料・匿名で利用できるので、安心して利用することが出来ます

債務シュミレーター
⇒無料シミュレーターはこちらから

 

自己破産しても住宅ローンは組めるの?

 

自己破産をすると官報に個人情報が載ってしまいます。

 

『全国個人信用情報センター』に官報情報が10年間載るのです。
ですから記録が保存されている10年間は、住宅ローンを組むことができません。

 

住宅ローンが組めない理由は融資額の大きさです。
家は何千万円もするものですがら、一度自己破産した人へ貸すのは銀行側も不安なのです。

 

自己破産すると一生住宅ローンが組めなくなるの?

自己破産したから今後一生住宅ローンが組めなくなるわけではありませんが、自己破産の記録がなくなるまでは審査に落ちてしまいます。
10年という期間は短いようで長いですが、この間に住宅ローンを組みたい目当ての銀行で取引実績を作るのも一つの手段です。
給与の振込先にしたり定期預金口座を開設したりすると、住宅ローンも通りやすくなるようです。

 

住宅購入を考えている場合

住宅購入を考えているのであれば、一度CICなどの情報機関で個人情報を取り寄せることをおすすめします。
自身の信用情報を取り寄せ、自己破産の記録が消えていれば住宅ローンの審査を受けることができます。
しかし、まだ自己破産した情報がのっていればどこに申し込みをしても住宅ローンを組むことは難しいでしょう。
5年経過して情報が消えていればあえてこちらから自己破産したことは伝える必要はありません。

自己破産でローンを帳消しにするには?

世の中には様々な金融業者が行っている、カードローンのサービスがあります。
最近ではスマートフォンや携帯電話を使用することで、店舗に行かなくてもカードローンの申し込みができるなど、利便性の面で向上していることもあって金融業者からお金を借りている人も多いでしょう。
しかし、カードローンを利用すると、指定の期日までに利息を付けて返済する必要があります。
返済ができずにローンが溜まってしまうと、借金額が膨らんで返済できなくなることも少なくありません。
ローンによる借金が膨らんだために返済ができないときには、法律的な解決方法を選択することができます。
法的に抱えている借金を帳消しにできる制度として、自己破産というものがあり、裁判所に返済能力がないことを認めてもらうことで借金の返済義務をなくしてもらうことができます。
自己破産は抱えている借金から解放されるという大きなメリットがありますが、全てメリットばかりということではなく、持っている財産の多くを処分しなければならないというデメリットもあります。
多重債務に陥っている人の場合には、手持ちの財産が少ないことも考えられますので、その場合にはデメリットは少ないと言えます。
自己破産の手続きは自分自身で行うことも可能ですが、裁判所に提出する必要のある書類の記載など複雑な法律の手続きを行わなければなりませんので、弁護士などの法律の専門家に依頼して行うことが一般的となっています。

お金がどうしても必要にもかかわらず、手持ちの資金が不足しているときには、消費者金融のカードローンを利用する人も多いのではないでしょうか。
カードローンは手続きが簡単に済ませられますので、便利に利用している人も多く、すぐにお金が借りられるメリットもあります。
ただし、返済の目途が立っていないときや、借金の返済を計画的に行えない人の場合には借金額が膨らんでしまう可能性があります。
定められている期日までに返済ができなくなり、借金額が大きくなってしまったときの解決法としては自己破産というものがあります。
自己破産は法的に借金問題を解決する方法となっており、カードローンによる借金額が膨らんだときでも行えます。
自己破産を成立させるためには、裁判所に申し立てをして借金の返済能力がないことを認めてもらって、免責許可を受ける必要があります。
専門的な法律の知識が必要になるために、自己破産の手続きをスムーズに進めるには弁護士に依頼することが最適となります。
自己破産は借金の全額の返済義務を帳消しにできるメリットがありますが、その一方で持っている財産の多くを処分することが条件となります。
そのために借金問題の解決法としては最終的なものとなり、他の債務整理の方法で解決できる場合には任意整理や個人再生を選択したほうが良い場合もあります。
どのような解決方法を選ぶのが良いのかは、個人の状況によって異なりますので、弁護士に相談してアドバイスをもらって決めることがおすすめです。

債務整理の費用相場はどれくらい?

自己破産:40万前後

個人再生:30万前後

任意整理:10万円前後

債務整理に掛かる費用は、借入状況によっても大きく変わります。 自分ならいくらになるか知りたい方は、無料診断ツールでチェック!
無料シミュレーターで何ができるの?
  1. 匿名無料で利用OK
  2. 借金がいくら減額できるか診断
  3. 改善方法を即日アドバイス
↓匿名無料の診断ツールを試してみる↓

⇒無料シミュレーターを試してみる!

弁護士事務所を選ぶポイント

知識・経験・実績
費用+支払い方法の明確化
事前に聞くべき事
初期費用・総合費用・支払い方法
無料相談が出来る
  • 具体的な解決策
  • どういった手順で進めていくか?

無料相談できる弁護士事務所|電話・メールで24時間365日OK

以上の条件に満たしていて、評判の事務所がこちら!
【弁護士法人Salute法律事務所】

弁護士法人Salute法律事務所

  • 相談無料
  • 24時間365日、土日祝も受付
  • 全国対応
現在の状態:つながりやすい
無料相談はこちらのボタンからできます↓
弁護士法人Salute法律事務所の無料相談窓口に電話相談してみる 弁護士法人Salute法律事務所の無料相談窓口にメール相談してみる


>>その他の弁護士事務所はこちら

借金にも時効がある!?

最後の返済から5年以上が経過しているなら、時効により支払い義務が消滅している可能性があります。 ※貸主などの内容によっては最後に返済してから10年以上経たないと消滅しないケースもあります。

思い当たる方は、まず一度無料相談を利用してみましょう!

↓無料WEB相談・お問い合わせフォームはこちら↓
司法書士事務所エストリーガルオフィス
⇒私の借金はもう時効かも…?時効援用を無料相談してみる
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法