個人再生完済後の生活について※5分でわかる借金解決方法

個人再生完済後の生活について※5分でわかる借金解決方法

個人再生完済後の生活について※噂のウソホントを徹底解明

個人再生は、借金返済が不能になる恐れがある時に、債権者の半数以上の合意を得たもと、再生者本人が提出した計画案に沿って債務弁済を図る制度です。
個人再生手続きを開始するには、住宅ローンを除いた借金額が5000万円以下で、安定収入がある事が前提でなければいけません。
債務者は、原則3年以内に裁判手続きで可決された再生計画案通りに減額済の借金を返済します。
特に多額の住宅ローンを組んだが、元本がなかなか減らず、他の債務返済にまで影響を及ぼす心配のある人にメリットがある方法です。
再生計画案の返済計画は、無理のない収入範囲での支払額の設定がなされていると思いますが、時には急な慶弔事や疾病などで大きな出費の機会が出てくる場合があります。
ご承知の通り、借金整理をすれば、個人信用情報機関への名簿掲載は免れないので、貸金業者で5~7年は新たに借入ができません。
また、個人再生した時はブラックリストの他にも国発行の官報公告にも情報が3回に分けて載ります。
特に違法な闇金業者は、官報の名簿を餌にしてダイレクトメールで融資勧誘をしてくる事がありますが、甘い宣伝文句に屈したりせず、決して相手にしてはいけません。
まだ十分な貯金がなく、どうしても纏まったお金が要る場合は、キャッシングは原則できませんから、身近な家族や友人などにお願いして捻出する事を優先させて下さい。
このように個人再生後は完全な現金生活となるわけですから、支出管理はしっかり心掛け、毎日必ず家計簿をつけるようにして収入・支出のバランスを上手く取る必要があります。
いずれにせよ、最大7年は借金ができないという事実を覚悟し、日々精一杯勤労に奉仕し、支出よりも貯金額が多く上回るような生活習慣の癖をつけましょう。

債務整理の費用相場はどれくらい?

自己破産:40万前後

個人再生:30万前後

任意整理:10万円前後

債務整理に掛かる費用は、借入状況によっても大きく変わります。 自分ならいくらになるか知りたい方は、無料診断ツールでチェック!
無料シミュレーターで何ができるの?
  1. 匿名無料で利用OK
  2. 借金がいくら減額できるか診断
  3. 改善方法を即日アドバイス
↓匿名無料の診断ツールを試してみる↓

⇒無料シミュレーターを試してみる!

弁護士事務所を選ぶポイント

知識・経験・実績
費用+支払い方法の明確化
事前に聞くべき事
初期費用・総合費用・支払い方法
無料相談が出来る
  • 具体的な解決策
  • どういった手順で進めていくか?

無料相談できる弁護士事務所|電話・メールで24時間365日OK

以上の条件に満たしていて、評判の事務所がこちら!
【弁護士法人Salute法律事務所】

弁護士法人Salute法律事務所

  • 相談無料
  • 24時間365日、土日祝も受付
  • 全国対応
現在の状態:つながりやすい
無料相談はこちらのボタンからできます↓
弁護士法人Salute法律事務所の無料相談窓口に電話相談してみる 弁護士法人Salute法律事務所の無料相談窓口にメール相談してみる


>>その他の弁護士事務所はこちら

借金にも時効がある!?

最後の返済から5年以上が経過しているなら、時効により支払い義務が消滅している可能性があります。 ※貸主などの内容によっては最後に返済してから10年以上経たないと消滅しないケースもあります。

思い当たる方は、まず一度無料相談を利用してみましょう!

↓無料WEB相談・お問い合わせフォームはこちら↓
司法書士事務所エストリーガルオフィス
⇒私の借金はもう時効かも…?時効援用を無料相談してみる
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法