裁判所から差し押さえ通知が来てしまったら…すぐにするべき事!

裁判所から差し押さえ通知が来てしまったら…すぐにするべき事!

裁判所から差し押さえ通知が来てしまったら…!

差し押さえは行動を起こさない限り、完済するまで続きます!
差し押さえを止める手段は?
債務整理があります。
※税金滞納による差し押さえの場合は債務整理しても対応できません。

債務整理の方法

《差し押さえされる前》
→債務整理の選択肢も広い

《差し押さえされてしまった後》
→個人再生か自己破産

まずは、あなたに合った債務整理方法を探しましょう

借金解決シミュレーション

 

債務整理シュミレーター 債務整理シュミレーターなら24時間・匿名無料であなたのあらゆる疑問を解決!
弁護士事務所が運営するツールなので安心&安全。5つの質問に答えるだけで、あなたに合った債務整理方法がわかります。

>>費用をチェック

いくら減額できるかわかる 最適な債務整理がわかる

>>過払い金シミュレーション

>>改善方法アドバイス

>>無料診断はこちら

債務整理をすると決めたら…
弁護士に相談してみましょう!
無料相談を受け付けていて、評判の高い法律事務所を掲載しておきます。
※税金滞納による差し押さえの場合は債務整理しても対応できません。

おすすめの弁護士事務所

岡田法律事務所

家庭事情・経済状況などをしっかり聞いて考慮してくれます。
相談は無料なので、債務整理をしよう!と決めたら、まずは相談してみることをおすすめします。
東京ロータス法律事務所
⇒東京ロータス法律事務所に無料相談してみる

裁判所から差し押さえ通知が届いた!

差し押さえとは?

差し押さえは国や地方自治体などが法律に法って財産または権利を確保することです。

 

なぜ差し押さえされるの?

国の税金を滞納した場合
市町村への税金を滞納した場合
借金・ローンなどを滞納した場合
家賃などを滞納した場合

 

差し押さえの流れ

催促状

まずは、催促状が届きます。

 

差し押さえ予告通知書

催促状を無視したり、払わないままでいると、今度は差し押さえ予告通知書が届きます。
支払いをしないのなら、財産を差し押さえますよ」という強めの注意勧告です。

 

仮差し押さえ

次は、仮差し押さえ命令というものが出ます。
この際に、差し押さえが実施される予定の財産の所有者は法律上自分で処分・破棄することを禁じられています

 

差し押さえの対象となるもの

差し押さえになると、生活に必要な経費や家財道具を除いて、没収の対象になるので注意が必要です。

給料(給与)

給料(給与)差し押さえについて

銀行口座

銀行口座差し押さえについて

家やマンションなどの不動産

家・マンションの差し押さえについて

 

差し押さえにならないために

差し押さえられないようにするポイントとしては、裁判所が差し押さえ命令を出す前に弁護士に相談して該当事案を解決すること、税金などの督促状が自宅に来たら速やかに支払いを行うこと、借金などにおいては差し押さえ対象にならないようにキッチリと返済していくことです。

 

差し押さえ通知が届いたらするべき事

決して放置しない!

差し押さえになる前に、弁護士に相談して差し押さえにならないようにすることが大事です。

完納・完済ができそうな場合

早急に税金(債権)の完納・完済を目指す。
無事完納した時点で、はじめて差押は解除されます。

完済・完済ができそうにない場合

債務整理を検討しましょう!
債務整理には、種類があり色々な手段や選択肢が残っている可能性が高いです。
弁護士に相談して、知識を借りるべきでしょう。