給与・給料差し押さえされた場合の正しい対処法※借金解決方法

給与・給料差し押さえされた場合の正しい対処法※5分でわかる解決方法

給与差し押さえ・給料差し押さえされた場合の対処法

差し押さえは行動を起こさない限り、完済するまで続きます!
差し押さえを止める手段は?
債務整理があります。
※税金滞納による差し押さえの場合は債務整理しても対応できません。

債務整理の方法

《差し押さえされる前》
→債務整理の選択肢も広い

《差し押さえされてしまった後》
→個人再生か自己破産

まずは、あなたに合った債務整理方法を探しましょう

借金解決シミュレーション

 

債務整理シュミレーター 債務整理シュミレーターなら24時間・匿名無料であなたのあらゆる疑問を解決!
弁護士事務所が運営するツールなので安心&安全。5つの質問に答えるだけで、あなたに合った債務整理方法がわかります。

>>費用をチェック

いくら減額できるかわかる 最適な債務整理がわかる

>>過払い金シミュレーション

>>改善方法アドバイス

>>無料診断はこちら

債務整理をすると決めたら…
弁護士に相談してみましょう!
無料相談を受け付けていて、評判の高い法律事務所を掲載しておきます。
※税金滞納による差し押さえの場合は債務整理しても対応できません。

おすすめの弁護士事務所

岡田法律事務所

家庭事情・経済状況などをしっかり聞いて考慮してくれます。
相談は無料なので、債務整理をしよう!と決めたら、まずは相談してみることをおすすめします。
東京ロータス法律事務所
⇒東京ロータス法律事務所に無料相談してみる

給料差し押さえについて

勤務先がわかっていれば給料が振り込まれる銀行口座も簡単に特定できるので、給料の差し押さえが行なわれます。

 

差押えの対象となるのは

銀行口座
不動産
家財道具

など色々ありますが、給料の差し押さえは簡単で、確実にお金を回収できるので一番良く行なわれています。

 

給与の差し押さえは生活するのに支障がない金額という事が法律で定められています。

 

給与が44万円以下の場合は4分の1、
44万円以上の場合には33万円を超えた額

というのが決められています。

 

生活していくのに支障はありませんが、会社には差し押さえを受けている事や借金や税金を滞納している事が知られてしまいます。

 

差し押さえを受けている事が解雇に直接つながることはありませんが、会社に居辛くなって自分から辞めてしまう人もいます。

 

差し押さえを受ける前には差押予告通知書が裁判所から届くので、この段階で弁護士に相談すれば差し押さえを回避することができます。

 

解決方法としては支払い方法を払いやすい回数にしてもらったり、借金の額を減らして払いやすくする方法などがあります。

 

借金の額が大きくて支払いが出来ない場合でも対処する方法があるので、差押予告通知書が届いた段階で早めに相談することが大切です。

給料の差し押さえについて給与(給料)が差し押さえされたときにはどうすれば良い?

法律では給与(給料)の4分の1までの差し押さえが認められています。
ただ個人によって況は異なるので給与(給料)が差し押さえされてしまうと生活が非常に苦しくなるという人もいると思います。

 

給与(給料)差し押さえの解除方法

給与(給料)の差し押さえをやめさせる方法に自己破産があります。
自己破産をすれば給与(給料)の差し押さえの理由となっている借金を返済する必要がなくなるので給与(給料)の差し押さえもなくなります。

 

自己破産の対象とは?

ただギャンブルや浪費での借金は自己破産の免責がなかながおりないと言われています。
自己破産が出来る場合・出来ない場合とは?

 

この辺は弁護士の先生と相談する必要があるのですが借金の理由によっては個人再生を進められる場合があります。

 

また自己破産をすれば信用情報機関に名前が登録されてしまうのでローンを組むことが出来なくなります。
最大登録期間が5~7年経過すれば再びローンが組めるようになりますがその間に住宅ローンや教育ローンが必要になった時は困ることになります。
また官報には名前が一生残ってしまうので最大登録期間が過ぎても調べれば自己破産したという過去がばれてしまいます。
→詳しくは、自己破産のデメリット

 

他にも裁判所に差し押さえの金額の変更を申し立てることが出来ます。

 

法律上では4分の1までの給与(給料)差し押さえが認められていますが個人の生活状況を裁判所に説明することで給与(給料)の差し押さえの金額を減額することが可能になります。
ただ差し押さえの減額は裁判所が決めるので自分の思い通りの額になるのかは分かりません。

 

給与(給料)差し押さえされたらまずすべき事

どういう手段をとるにせよ、専門家に相談することが解決への近道です。
ですので、まずは無料相談を受けてみることをお勧めします。

 

無料相談を受け付けていて評判が良いのが、岡田法律事務所です。

 

岡田法律事務所では、初回相談が無料で、土日や全国からの相談にも対応しています。
また相談の際に、

  • 親身になって話を聞いてくれる
  • 適切な解決方法を丁寧に説明してくれる

といった対応の良さも人気が高い理由の一つとなっています。

 

債務整理の相談はとてもデリケートなもの。
ですので安心して相談できる弁護士を選びましょう。

 

東京ロータス法律事務所
⇒東京ロータス法律事務所に無料相談してみる
差し押さえについて。

貸金業者は弁護士や司法書士から受任通知で債務の処理の委託を受けた旨の通知を受け取った時には、債務者に対して電話や電報やファックスや訪問の方法によって、債務の弁済を要求する行為が禁止されるのです。そして、もしも債権者がこれに反して取り立てをしたときは、行政上のペナルティーだけでなくて、刑事罰を科せられるようなことが規定されているのです。そしてこうしたペナルティーがあるので、司法書士の受任後も取り立てが続くといったことは通常考えられないことですが、万が一依頼後に債権者から積極があれば、すぐに依頼をした司法書士に相談をしましょう。そして、司法書士が監督庁に業者に対して指導要請を出すのです。断固とした対応をしてくれますから、安心して相談しましょう。そして取り立てストップすることができるような理由は理解できたでしょうが、減額報酬といった言葉を知っているでしょうか。減額報酬の有無で、最終的な費用や料金が変わってくる可能性があります。そして、減額報酬は借金を減額させた金額に対して10%程度の報酬をとるといったことを言いますが、かんたんに言えば、借金が張ってきた金額の10%分の報酬がかかってくるといったことになります。

債務整理の費用相場はどれくらい?

自己破産:40万前後

個人再生:30万前後

任意整理:10万円前後

債務整理に掛かる費用は、借入状況によっても大きく変わります。 自分ならいくらになるか知りたい方は、無料診断ツールでチェック!
無料シミュレーターで何ができるの?
  1. 匿名無料で利用OK
  2. 借金がいくら減額できるか診断
  3. 改善方法を即日アドバイス
↓匿名無料の診断ツールを試してみる↓

⇒無料シミュレーターを試してみる!

弁護士事務所を選ぶポイント

知識・経験・実績
費用+支払い方法の明確化
事前に聞くべき事
初期費用・総合費用・支払い方法
無料相談が出来る
  • 具体的な解決策
  • どういった手順で進めていくか?

無料相談できる弁護士事務所|電話・メールで24時間365日OK

以上の条件に満たしていて、評判の事務所がこちら!
【弁護士法人Salute法律事務所】

弁護士法人Salute法律事務所

  • 相談無料
  • 24時間365日、土日祝も受付
  • 全国対応
現在の状態:つながりやすい
無料相談はこちらのボタンからできます↓
弁護士法人Salute法律事務所の無料相談窓口に電話相談してみる 弁護士法人Salute法律事務所の無料相談窓口にメール相談してみる


>>その他の弁護士事務所はこちら

借金にも時効がある!?

最後の返済から5年以上が経過しているなら、時効により支払い義務が消滅している可能性があります。 ※貸主などの内容によっては最後に返済してから10年以上経たないと消滅しないケースもあります。

思い当たる方は、まず一度無料相談を利用してみましょう!

↓無料WEB相談・お問い合わせフォームはこちら↓
司法書士事務所エストリーガルオフィス
⇒私の借金はもう時効かも…?時効援用を無料相談してみる
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法