【至急】借金返済に困ったら《返済不能》

【至急】借金返済に困ったら《返済不能》

借金返済に困ったら…

借り入れた金額が支払えずに、自己破産という道を選択する方も少なくないと思います。
ですが自己破産をするための条件として、支払いが困難だという根本的な理由を裏付けるものが必要になります。
これから自己破産を検討している方のために、自己破産をするための条件を説明していきたいと思います。

 

自己破産の条件として経済的に借金の支払が不可能であることを示す必要があると言いましたが、では具体的にどのような状態のことを指すのでしょうか。

 

 

具体的な条件

主に4つ挙げることができます。

 

まず1つ目の条件は、借金を返済できるだけの財産を持たないことです。
2つ目は借金返済のための資金を、自ら調達することができないこと。
3つ目は履行期にある返済に滞納が見られる場合。
4つ目は客観的に見て継続的な弁済能力を持ち合わせていないこと。

 

ない袖は振れないとよく言いますが、このように財産がなければ支払うことはできませんよね。

 

 

しかし、ただ単に収入を上回る借金を抱えて支払いが困難な状況にあるだけでは、
自己破産を認めてもらえない場合もあります。
借金を返済するということは社会的には至極当然のルールとしてありますが、
それを不可能だと証明するためにはそれ相応の理由が必要になってきます。

 

申し入れを受けた裁判所が申立人の年齢や性別、職業からわかる信用などの総合的な部分から自己破産可能かを判断します。
これらのことから裁判所が支払い可能と判断した場合には、自己破産ができないということです。

 

あくまで参考になりますが、これらの基準は3~5年で借り入れた額を返済することが可能かで判断される場合が多いです。
申立人の毎月の手取額に対して利息を含めた毎月の支払額が、生活していく上で最低限必要な額を上回る場合は支払いが不可能だとみなしてもらえるケースが多いです。

 

当然例外もありますが、これから自己破産を検討されている方はこれらのことを踏まえた上で、自己破産の申し立てをするか考えてみると良いのではないでしょうか。

債務整理の費用相場はどれくらい?

自己破産:40万前後

個人再生:30万前後

任意整理:10万円前後

債務整理に掛かる費用は、借入状況によっても大きく変わります。 自分ならいくらになるか知りたい方は、無料診断ツールでチェック!
無料シミュレーターで何ができるの?
  1. 匿名無料で利用OK
  2. 借金がいくら減額できるか診断
  3. 改善方法を即日アドバイス
↓匿名無料の診断ツールを試してみる↓

⇒無料シミュレーターを試してみる!

弁護士事務所を選ぶポイント

知識・経験・実績
費用+支払い方法の明確化
事前に聞くべき事
初期費用・総合費用・支払い方法
無料相談が出来る
  • 具体的な解決策
  • どういった手順で進めていくか?

無料相談できる弁護士事務所|電話・メールで24時間365日OK

以上の条件に満たしていて、評判の事務所がこちら!
【弁護士法人Salute法律事務所】

弁護士法人Salute法律事務所

  • 相談無料
  • 24時間365日、土日祝も受付
  • 全国対応
現在の状態:つながりやすい
無料相談はこちらのボタンからできます↓
弁護士法人Salute法律事務所の無料相談窓口に電話相談してみる 弁護士法人Salute法律事務所の無料相談窓口にメール相談してみる


>>その他の弁護士事務所はこちら

借金にも時効がある!?

最後の返済から5年以上が経過しているなら、時効により支払い義務が消滅している可能性があります。 ※貸主などの内容によっては最後に返済してから10年以上経たないと消滅しないケースもあります。

思い当たる方は、まず一度無料相談を利用してみましょう!

↓無料WEB相談・お問い合わせフォームはこちら↓
司法書士事務所エストリーガルオフィス
⇒私の借金はもう時効かも…?時効援用を無料相談してみる
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法