差し押さえの流れ|放っといたらこんな事に…※正しい書き方

差し押さえの流れ|放っといたらこんな事に…※正しい書き方

差し押さえの流れ|放っといたらこんな事に…※正しい書き方

差し押さえとは税金や借金を決められた日時までに支払わないでいると、裁判所の命令で強制的に給与や銀行口座、財産などをとりあげられ、処分されることを言います。
税金や借金の支払い要請を無視し続けていると裁判所から支払いの督促状が届きます。これに対して速やかに対処しないと、次は差押予告通知書が届きます。
これも無視していると、ある日突然銀行口座からお金がなくなっていたり、給与を引き出そうとしてもその何分の1かが先に差し押さえを受けていたり、家や家財道具が差押えられて競売にかけられたりします。家をすぐに退去させられることは余りありませんが、競売にかけられると周囲に公表されるので近所の人に差押えを受けたと知られることになりますし、家も相場よりも安い価格で売られてしまいます。
差押予告通知書が届いた段階でも適切な処置をとれば、差押を避けることができます。お金が支払える場合には支払う事で解決できますが、全額支払うことが出来ない場合には債権者と交渉する必要があります。
債務整理に詳しい弁護士事務所に依頼して、交渉してもらったり裁判所に異議申し立てする事が大切です。金銭面で心配な場合は、無料で相談にのってくれる弁護士事務所が多数あるので相談にのってもらうと良いでしょう。

 

差し押さえは行動を起こさない限り、完済するまで続きます!
差し押さえを止める手段は?
債務整理があります。
※税金滞納による差し押さえの場合は債務整理しても対応できません。

債務整理の方法

《差し押さえされる前》
→債務整理の選択肢も広い

《差し押さえされてしまった後》
→個人再生か自己破産

まずは、あなたに合った債務整理方法を探しましょう

借金解決シミュレーション

 

債務整理シュミレーター 債務整理シュミレーターなら24時間・匿名無料であなたのあらゆる疑問を解決!
弁護士事務所が運営するツールなので安心&安全。5つの質問に答えるだけで、あなたに合った債務整理方法がわかります。

>>費用をチェック

いくら減額できるかわかる 最適な債務整理がわかる

>>過払い金シミュレーション

>>改善方法アドバイス

>>無料診断はこちら

債務整理をすると決めたら…
弁護士に相談してみましょう!
無料相談を受け付けていて、評判の高い法律事務所を掲載しておきます。
※税金滞納による差し押さえの場合は債務整理しても対応できません。

おすすめの弁護士事務所

岡田法律事務所

家庭事情・経済状況などをしっかり聞いて考慮してくれます。
相談は無料なので、債務整理をしよう!と決めたら、まずは相談してみることをおすすめします。
東京ロータス法律事務所
⇒東京ロータス法律事務所に無料相談してみる