任意整理の必要書類について-正しい書き方-

任意整理の必要書類について-正しい書き方-

任意整理の必要書類

任意整理をいざ行うとなっても、実際に何が必要なのか、
はっきり分らないという方もいらっっしゃるかもしれません。
ここでは、その様な方の為に任意整理に必要な書類を挙げていきます。

 

身分証明書

これは運転免許証や保険証など何でもいいので、
本人だと分るものを用意して下さい。

 

債権者一覧表

お金を借りた会社名、借りた金額、
返済した金額などを分かる範囲で書き記したものです。
分りやすくかけるか不安な方は、法律事務所によっては
HPにテンプレートがありますので、それを使って
書いていくといいでしょう。
また借入れ時の契約書や明細があればそれも用意しておくと、
任意整理がよりスムーズにいきます。

 

借入れ時の全てのクレジットカード

紛失している場合はその旨を伝えてみてください。
弁護士さんによっては手続きが出来ます。

 

4つ目は家計簿などの家計の収支状況が分るもの。
また、直近の給与明細(2~3ヶ月)も必要な場合があります。

 

印鑑

弁護士に依頼する時に必要となります。
シャチハタでなければ何でも構いませんが、
ご夫婦の場合それぞれで用意する必要があります。

 

注意

これ以外にも預貯金通帳や発行から3ヶ月以内の住民票などが
必要になる場合があります。

 

必要な書類は弁護士さんによって多少の差が生じていますので、
何が必要かを明確にした上で、順番にそろえて行くのが
やはり一番です。

債務整理の費用相場はどれくらい?

自己破産:40万前後

個人再生:30万前後

任意整理:10万円前後

債務整理に掛かる費用は、借入状況によっても大きく変わります。 自分ならいくらになるか知りたい方は、無料診断ツールでチェック!
無料シミュレーターで何ができるの?
  1. 匿名無料で利用OK
  2. 借金がいくら減額できるか診断
  3. 改善方法を即日アドバイス
↓匿名無料の診断ツールを試してみる↓

⇒無料シミュレーターを試してみる!

弁護士事務所を選ぶポイント

知識・経験・実績
費用+支払い方法の明確化
事前に聞くべき事
初期費用・総合費用・支払い方法
無料相談が出来る
  • 具体的な解決策
  • どういった手順で進めていくか?

無料相談できる弁護士事務所|電話・メールで24時間365日OK

以上の条件に満たしていて、評判の事務所がこちら!
【弁護士法人Salute法律事務所】

弁護士法人Salute法律事務所

  • 相談無料
  • 24時間365日、土日祝も受付
  • 全国対応
現在の状態:つながりやすい
無料相談はこちらのボタンからできます↓
弁護士法人Salute法律事務所の無料相談窓口に電話相談してみる 弁護士法人Salute法律事務所の無料相談窓口にメール相談してみる


>>その他の弁護士事務所はこちら

借金にも時効がある!?

最後の返済から5年以上が経過しているなら、時効により支払い義務が消滅している可能性があります。 ※貸主などの内容によっては最後に返済してから10年以上経たないと消滅しないケースもあります。

思い当たる方は、まず一度無料相談を利用してみましょう!

↓無料WEB相談・お問い合わせフォームはこちら↓
司法書士事務所エストリーガルオフィス
⇒私の借金はもう時効かも…?時効援用を無料相談してみる
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法